新人戦ブロック予選【女子ソフトテニス部】

9月2日(日)槻木高校にて、秋の女子新人戦・個人ブロック予選が行われました。

3年生は前回の夏の総体で引退しているので、各校新チームのデビュー戦となります。

茨木西高校は1年生のみのチームですが、夏の練習の成果を発揮すべく試合に臨みました。

【結果】

ペア1 一回戦不戦勝 二回戦敗退

ペア2 一回戦敗退

 

ペア1は緊張や混乱から自分たちのプレーができず、ストレート負け。

緊張を打ち消すのではなく、緊張とうまく付き合うようにしなければいけません。

スポーツ選手にとって、メンタル強化は永遠の課題なのかもしれませんね。

 

ペア2は積極的に相手前衛の上を通すロブや、モーションによるプレッシャーで敵を翻弄するなど、善戦。

一時はゲームカウント3-1までリードしました。

しかし、決定力不足から徐々に差をつめられ、最終的にファイナルゲームで敗退してしまいました。

決定力はその1本以上前の打球から生まれます。

後衛は前衛がポーチに出やすい配球を、前衛は手の届きやすいポジションをとるように、という話をしました。

 

日ごろの練習には熱心な女子部員たちですが、試合の結果もそれに付随するように、また頑張りましょう!