生徒たちはとても頑張り、大いに楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。42期 生徒会です。
現在8日のステージ発表本番に向けて一生懸命準備・練習をしています。
地震・台風により準備期間・練習時間が限られていますが、負けじと二年生は頑張っています。
是非観に来てください。


42期生は校外学習で、神戸元町・三宮・北野周辺の散策をしました。
修学旅行の予行練習として、チェックポイントに指定された時間に来ること、を課題に
それぞれ班毎に散策をしました。

6月8日(金)に第43回体育祭が行われました。
42期は各クラス協力し、短い製作期間ではありましたがボードを製作しました。

体育祭が2日遅れで開催されました。

1年生は3年生の決めたブロックテーマに沿った団旗を製作しました。

生徒の審査により、1~3位が次のように決まりました。

 

第1位 1組(赤団)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2位 5組(青団)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位 6組(オレンジ団)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、順不同。

全7枚、いずれも力作揃いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴天とはいきませんでしたが、8日、曇り空のなか体育祭を行いました。

天候が不安定な中、プログラムを変更しながら3年生のメインの種目、応援の演技となりました。

その頃になると雨が降り始め、グラウンドコンディションも徐々に悪くなる中で、元気に明るく演技を披露し、演技中のクラスに、他のクラスも大きな声でエールを送り、とても素晴らしい時間となりました。

 

8クラスそれぞれ、手作りの衣装をまとい、5分間の演技を披露しました。

最後は41期生全員で、仲良く写真撮影を行い、お互いをたたえ合い、とても素敵な時間となりました。

 

午後からは雨も上がり、順調にプログラムをこなし、最後の体育祭も無事に終了しました。

ここにたどり着くまで、たくさんの出来事がありました。

1.2年生や先生方の協力、たくさんの保護者の方たちの応援を受けて体育祭を行うことができたことは、また一つ、41期生にとって、とても貴重な経験となり、大切な思い出となりました。

 

41期生(3年生)が体育祭前に集会を開きました。

6月7日、体育祭が雨天のため延期され、本日はお天気が良かったのですが、グラウンドコンディションが悪く、実施ができない状態にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生の応援団団長より、要望があり、急遽体育館で集会を開きました。

 

 

各クラスの団長が、「それぞれいろいろあったけど、みんな頑張ってきたのはいっしょ!お互いにたたえ合って、体育祭を盛り上げ、最高の思い出をつくりましょう」と呼びかけました。

 

当日はそれぞれ工夫を凝らした衣装をまとい、ダンスパフォーマンスの応援演技で体育祭を盛り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備は万端です。41期生、頑張ります!!!

 

日曜日にもかかわらず、たくさんの生徒が登校して、団旗を制作中。

暑い中、頑張っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月10日(木)滋賀県・希望ヶ丘文化公園に

1年生280名で行ってきました。

各クラス5班に分かれ、バーベキューを楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片付けが早く終わったクラスは縄跳びをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの中学校から集まった43期生が仲良くなれた

楽しい遠足でした。

3月1日、第40回卒業証書授与式が行われました。

当日は、強風で交通機関が乱れ、開式を遅らせるという事態になり、ご参列の皆様には、ご迷惑、ご心配をおかけいたしました。そのような中でも、大勢の皆様にご参列いただきありがとうございました。

吹奏楽部の演奏とともに卒業生が入場し、卒業式が始まりました。

卒業証書授与の際、担任から名前を呼ばれ、順に立ち上がる卒業生の顔は皆、緊張の中にもどこか誇らしげで、新たなスタートラインに立って、未来を見つめているように見えました。

 

 

 

 

 

3年前、ドキドキしながらの合格発表。

この体育館での入学式から始まった、茨西40期生としての高校生活は・・・

最初の遠足で、バーベキューの炭に火をつけるのに悪戦苦闘したこと、体育祭や文化祭で、先輩たちのパフォーマンスに憧れたこと、2年生の11月のグアムへの修学旅行は、飛行機の時間や悪天候の心配をはねのけて、40期生のパワー全開で楽しい思い出となったこと、3年生になると、どの行事にも「高校生活最後の・・・」という言葉がつくようになり、体育祭の応援演技、文化祭、球技大会・・・、ふりかえれば、数えきれないほどの思い出の場面が浮かんできます。

40期生の皆さんは茨木西高校から巣立ち、それぞれの進路へと歩み始めます。その進路はどれも40期生の皆さんが自らの努力でつかみ取ったものです。中には、今から歩む道が第一志望ではなかったと、複雑な思いのまま歩み始める人もいるでしょう。けれど、今、目の前にある道はこの先さまざまに枝分かれしていくことでしょう。そして、その中の何本かの道は、きっと、目指す場所へと通じているにちがいありません。その道を探しながら、ゆっくりでも、小走りでも、全力疾走でも・・・あきらめず進んでいってください。私たち40期生担任団は、そんな皆さんをいつまでもいつまでも、応援しています。

保護者の皆様にはこの3年間、さまざまな面で支えていただき、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

平成30年3月 40期担任団